マリモ地方創生リート投資法人

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 成長戦略

成長戦略

スポンサーを中心としたサポート体制を活用した成長戦略の実現

本投資法人の成長の実現

(注) 「コンバージョンホテル」とは、用途変更を伴うリノベーションが施されたホテルをいいます。

スポンサー及びサポート会社からのサポート内容

  サポート概要 スポンサー
パイプライン・
サポート契約
サポート協定
マリモ リビタ 三重銀行
(三重県)
みちのく
銀行
(青森県)
東京スター
銀行
(東京都)
中国銀行
(岡山県)
関西
アーバン
銀行
(大阪府)
広島銀行
(広島県)
足利銀行
(栃木県)
外部成長 優先的物件情報の提供              
優先的売買交渉権の付与              
ウェアハウジング機能の提供              
コンストラクション・マネジメントサポートの提供              
物件情報の提供     (注1) (注1) (注1) (注1) (注1) (注1) (注1)
内部成長 プロパティマネジメント業務等の提供              
リーシングサポートの提供              
保有資産の再生サポートの提供              
賃料固定型マスターリース契約の提供                
バックアップ業務の提供                
ファイナンスに関する助言・補助              
その他サポ
|
本資産運用会社への出資 (注2)          
商標の使用許諾        
セイムボート出資及び投資口の継続保有                
人材確保支援の提供                
(注1) 「物件情報の提供」により、三重銀行、みちのく銀行、東京スター銀行、中国銀行、関西アーバン銀行、広島銀行及び足利銀行から、本投資法人に対して優先的に物件情報が提供されるものではありません。特に、みちのく銀行、中国銀行、広島銀行及び足利銀行とのサポート協定においては、みちのく銀行、中国銀行、広島銀行又は足利銀行の判断により、任意で、物件情報の提供を行う内容となっています。また、三重銀行及び関西アーバン銀行とのサポート協定においては、本投資法人への情報提供は、第三者に先立つもの又は第三者と同時に行われるものとはされていません
(注2) マリモは、保有していた本資産運用会社の株式のすべてを平成28年11月1日付で譲渡したため、平成29年6月30日現在において本資産運用会社に出資していませんが、譲渡先である株式会社マリモホールディングスはマリモの親会社です。株式会社マリモホールディングスは、平成29年6月30日現在、本資産運用会社の株式の保有を継続しています。

このページの先頭へ